U と Non-U

   "U" は "Upper Class"(上流階級)を意味し、"Non-U" は "Non-Upper Class"(非上流階級)を意味する。この用語法は、1956年、英国バーミンガム大学のロス教授が、その後の英国における社会言語学に大きく影響を与えることになった論文の中で初めて使用された。その論文のタイトルは"U and Non-U −An Essay in Sociological Linguistics"で、言語の発音や言葉の選択に関して、英国社会を『上流階級』と『そうでない者』とにばっさりと切り捨てた。くしくもチャーチルが英国民は富者と貧者に二分されていると評した時期と重なっている。その著書の中で、ロス教授は1956年当時ですでに「上流階級とそうでない者との区別は言語だけである」と述べている。ヴィクトリア女王時代やエドワード王時代と異なり、教育の程度や清潔さ、財産を基準とする区別はほとんど意味が無くなったとしている。同様に、中産階級の台頭や民主主義の発達に伴い、支配階級としての役割も漸減していき、大衆の上昇志向によって、若干を除き、生活スタイルでの相違も大きなものではなくなったと主張している。しかし、こうした状況にあってもなお『上流階級』と『中流・労働者階級』とを隔てる大きな壁が存在しており、それがアクセントや言葉の選択、文章構造であるとロス教授は主張しています。習慣として長年を掛けて培われてきたものは身に染みつき、なかなか離れないのである。以下にロス教授が提唱した U と Non-U を紹介するが、しかし、その後、ロス教授の著書が有名になることで、Non-U の人々が意識して U 言語を用い始め、皮肉にも U と Non-U の区別がさらに見えにくいものとなった。現在ではかくのごとく分類がまず意味を為していないことを付記しておく。

Vocabulary
意 味 \ 区 分 U-Speakers Non-U Speakers
風呂に入る have one's bath take a bath
バス bus coach
掛け布団 counterpane coverlet
薬味入れ salt-cellars
pepper-pots
             etc.
cruet
教養のある civilised cultivated
もう一杯いかが? Have some more tea? How is your cup?
自転車 bike or bicycle cycle
昼食 lunch or luncheon dinner
夕食 dinner or supper evening-meal
正装 evening dress dress-suit
野菜 vegetables greens
house home
乗馬 riding horse-riding
病気の sick ill
(トランプの)ジャック knave Jack
居間 hall or dining-room lounge
気の狂った mad mental
looking-glass mirror
ノート writing-paper note-paper
(相手の言葉が聞き取れなかった時) What? Pardon?
(謝罪する時) Sorry. Pardon.
(ゲップが出てしまった時) (Silence) Pardon.
ジャム jam preserve
香水 scent perfume
ラジオ wireless radio
ナプキン table-napkin serviette
勉強する work study
教師 master or mistress teacher
トイレット・ペーパー lavatory-paper toilet-paper
お金持ち rich wealthy
プディング(菓子) pudding sweet
入れ歯 false teeth dentures
電報 telegram wire
英国 England Britain
スコットランドの Scotch Scottish





戻る


High Society のウェブサイト上にある全てのコンテンツには著作権を含む全ての権利があります。
High Society よりの事前の承諾を得ない限り、いかなる目的での複製、配布、翻訳、改編を禁止します。
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO